ウォーターサーバーとは

ご自宅の水道水の味や臭いが気になるという場合、まず思い浮かぶのがペットボトルの水の購入です。


しかし、一般的な水のペットボトルは2L程度。お料理や飲料水などに家族全員が使っているとすぐに1本なくなってしまいます。



また、重さがそれなりにあるので、買いだめするのも簡単ではありませんね。


このように、ご自宅の水でお悩みに方の注目を集めているのが、ウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーは、自宅や小規模店舗などでも設置できる小型給水器のこと。


さまざまな大きさ、種類のウォーターサーバーが各社から提案されていますが、床にA4用紙サイズの面積さえあれば設置できる大変小さなものまで登場しています。
また、高さは1m強のものが多いですね。多くのサーバーでは、上部に水のボトルが装着されます。

上下方向の真ん中にはコックがあり、このコックをひねれば、上方のボトルから供給された水が流れ出してきます。



たいていは2種類のコックがあり、1つは常温の水用コック、もう1つは温水・熱湯用のコックです。

水のボトルは12Lのものが多いですが、18Lぐらいのさらに大型のボトルもあります。1つのボトルはやや重いですが、ボトルに取っ手がついていますので、女性でも比較的容易に取り替えることができます。


なお、この水のボトルは、業者さんが家まで届けてくれます。



ウォーターサーバーを1つ置いておけば、ペットボトルを買いだめする手間が省けてかなり楽になりますね。