気になるウォーターサーバーの電気代

自宅でいつでも美味しくなおかつ安全な水が飲めるということでたいへん人気のウォーターサーバーですが、家電製品であるため、やはり毎月の電気代が気になるものです。

では、いったいどれほどの電気代がかかるのでしょうか。

もちろん、ウォーターサーバーのメーカーや使い方によっても違いがあると言えますが、基本的に言って、通常の機種では一か月約1、000円前後であると言われています。

しかし、電気ポットを使用した場合も、毎月約900円前後の電気代がかかるため、特別高いわけではないことが分かるでしょう。


とは言っても、やはり月々の電気代は主婦にとっては大きな問題です。
少しでも安くしたいと思うことでしょう。

ウォーターサーバーの中には、ICチップによって電子制御化された温度コントロールを可能にしたものがあります。



このような機種を使う場合、一般の機種と比べて消費電力をかなりの程度削減することができるとされています。
月々の電気代を節約したいという方は、こうした省エネ性能タイプのウォーターサーバーを選ぶことができるでしょう。



電気代を節約したいとは言え、電源をオフにしたまま使用することがないように注意しましょう。



電源を常にオンにしておくことによって、ウォーターサーバー内を衛生的な状態に保つことができるからです。
とは言え、サーバーを使うこと自体省エネになるという点も覚えておきたい点です。

電気ポットの利用や湯沸かしのための電気代を抑えることができるからです。